◆当サイト一押し教材『ルレアプラス』◆

【WordPress】合わせて読みたい記事を表示するプラグイン「YARPP」

    記事本文の下に「合わせて読みたい記事」というのを見たことがありませんか?

    そこには今読んでいる記事に関連する記事が表示されています。

     

    パワーサイトを構築していく上で効果がある機能なので積極的に使っていきましょう!

    合わせて読みたい記事のメリット

    この「合わせて読みたい記事」の最大のメリットは

    ブログ滞在時間が長くなる

    複数の記事を読んでもらいやすくなる

     

    多くの記事を訪問者に読んでもらえることは、アフィリエイターにとって重要なことだし、信用を得るためにも非常に効果的です。

     

    そして複数の記事を読むということは、少なからず時間がかかります。

    SEO的にも訪問者のブログ滞在時間が長い方が評価が高いです

    そのため、このような「合わせて読みたい記事」を使ったり、動画を設置するのは非常に有効となります。

     

    YARPPの設定方法

    そこで、この「合わせて読みたい記事」を実現することができるWordPressプラグインが

     

    Yet Another Related Posts Plugin

     

    …ちょっと名前が長くてわかりずらいですね^^;

    このプラグインは通称「YARPP」と呼ばれています。

    どこかの検索サイトみたいですね(笑)

     

    まずは、プラグインを探します。

    これは普通にプラグイン検索しても見つかります。

    「YARPP」と表記されているプラグインが複数見つかるけど、先ほどの「Yet Another Related Posts Plugin」をインストール

    してください。

     

    インストールが終わったら、「設定」-「関連記事(YARPP)」を選択します。

    設定画面が表示されるので、まずは「表示オプション」を変更します。

    YARPP

    標準では「フィルター設定」や「関連スコア設定」にチェックが入っていません。

    関連記事の精度を上げるのに有効な設定なのでチェックを付けます。

     

     

    次に関連記事の設定をしていきます。

    先ほど表示オプションでチェックを付けたので、フィルタ設定や関連スコア設定を設定できます。

    YARPP

    フィルター設定では表示したくないカテゴリーを選べます。

    私の場合はリンク用記事やお問い合わせページ記事を関連記事に表示させないようにしています。

     

    YARPP

    表示する最低関連スコア

    関連記事に表示する判定の値を決めます。

    ここをあまりに多くすると、関連記事が表示されないこともあるので、自分の総記事数から最適な値を調整します。

     

    タイトル、内容、カテゴリー、タグ

    これらの項目を検討して関連表示するスコアが決まります。

    例えばタイトルは無視して、カテゴリーを最重要視するとかも可能です。

     

    次に表示設定の内容を決めていきます。

    YARPP

    自動表示

    表示設定の「自動表示」にチェックを付けておけば記事の本文下に自動的に表示されます。オススメは「投稿」にチェックです。

     

    一度に表示する関連記事数

    標準は「4」です。

    ここはお好みの記事数を入力してください。

     

    表示形式

    ここもお好みで構いません。

    テキストリスト、サムネイル表示、カスタムから選べます。

    サムネイルを使いたい場合は、アイキャッチ画像を記事に設定しておかないと画像が何も表示されないのでご注意ください。

     

    関連記事表示を囲むタグ

    関連記事の部分をどのタグで囲むかを設定できます。

    標準は「h3」タグですが、問題なければこのままでOKです。

    入力欄に表示されている「Reloted Posts:」がh3タグのタイトルになります。

     

    ここは「合わせて読みたい関連記事」等、わかりやすいタイトルに変更するのがオススメです。

     

    各関連記事を囲むタグ

    関連記事の部分を囲むタグを設定します。

    標準は<li>となっています。

    他に変更した場合はお好みでカスタマイズしましょう。

     

    関連記事が無いときのメッセージ

    標準では「No reloted posts:」となります。

    これでは訪問者にわかりづらいので、「関連記事が見つかりません」等、わかりやすい日本語に変更しましょう。

     

     

    以上で一通り設定は完了です。

    実際に記事を見て、関連記事が表示されていることを確認してみましょう。

     

    いや、設定したのに何も表示されないんだけど?

     

    というときは「表示する最低関連スコア」を確認してみてください。

    原因の大半は「表示する最低関連スコア」が高すぎる場合が多いです^^;

     

      ◆アフィリエイトで成功するためのオススメ情報商材◆

      オススメ情報商材ランキング
      実際に私が実践しているアフィリエイトで稼ぐための情報商材をランキング形式でご紹介します。
      便利ツールランキング
      アフィリエイトの実践を補助する役立つ便利ツールをランキング形式でご紹介します。

      ◆Facebook始めました◆

      最新記事もチェック

      ◆SAKUの無料メルマガ購読のご案内◆

      mail-magazine

      4 Responses to “【WordPress】合わせて読みたい記事を表示するプラグイン「YARPP」”

        • YUTA様

          こんにちは。SAKUです。
          コメント、応援ありがとうございます!

          「合わせて読みたい記事」はブログ滞在時間にも
          役立つので是非使いたいとこですね^^

          情報が役に立ったようで良かったです。
          今後も役に立つ記事を書けるように頑張ります^^

      1. SAKUさん こんにちは。
        藤田と申します。

        「合わせて読みたい記事」確かにこれは良いですね。

        コメント周りしていると、参考になる記事にぶつかります。
        ありがとうございました。

        応援仕手帰ります。

        • 藤田 様

          こんばんは。SAKUです。
          コメントありがとうございます^^

          「合わせて読みたい記事」はブログ滞在時間にも
          かかわってくるので、SEO的にも使えるプラグインですね!

          是非使ってみてください^^

          応援も感謝です^^
          私も後日ブログ拝見しに伺いますね!

      コメントを残す

      日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)