確定申告

確定申告の種類(青色申告、白色申告)や経費の考え方

 

確定申告の申告方法として「青色申告」と「白色申告」があります。

雑所得なのか事業所得なのかによって、申告できる種類が異なります。

雑所得 ⇒ 白色申告のみ

事業所得 ⇒ 青色申告、白色申告

サラリーマンでも青色申告は可能です。

 

ただし、会社からの給与所得の青色申告はできません。

給与所得については年末調整で会社がやってくれてますよね。

 

あくまで、「アフィリエイトでの所得」についての青色申告になります。

 

青色申告は白色申告とは違い、税金上の特典がたくさんあります。

そして、青色申告にも2パターンの種類があります。

 

それぞれの特徴は以下の通りです。

①青色申告10万円控除

・10万円の控除が受けられる

・簡易簿記と言う簡単な記帳で済む

 

②青色申告65万円控除

・65万円の特別控除が受けられる

・複式簿記という記帳方法での申告が必要

・貸借対照表の提出が必須

 

③青色申告①、②共通
・申告年度の3月15日まで、または開業2カ月以内に
「所得税の青色申告承認申請書」と「個人事業の開廃業等届出書」
を提出しておくことが必要

・青色申告決算書の提出が必要

・家族に払った給与を経費に含められる

・赤字は3年間繰り越せる

 

以上のように青色申告では経費に含むことができる項目が多かったりと、

控除の制度がしっかりしています。

青色申告の資料作成は慣れるまで非常に大変です。

会計ソフトがあった方がスムーズに作成できますね。

 

確定申告をしたことがない人はまずは白色で申告して確定申告を経験し、

翌年に青色で申告できるように手続きをしておくのがスムーズかなと思います。

 

当然最初からしっかりと書類等を準備し、青色で申告した方がお得ではあります。

 

経費の考え方

確定申告を行う際に大事なのが、「いかにして経費を増やすか」です。

どんなものが経費として扱うことができるのかですが、主に以下のような

アフィリエイトのために使ったものなら経費として扱うことが可能です。

 

ただし、申告する形式によっては経費として認められない場合もあります。

雑所得の場合は認められない場合が多いです

 

アフィリエイターの場合は経費の部分は重要視している人が多いので

白色もしくは青色で申告するようにしましょう。

 

・インターネット料金(回線、プロバイダなど)

・交通費

・飲食代

・レンタルサーバー代

・独自ドメイン代

・情報商材代

・資料代(書籍など)

・消耗品(プリンタのインクやマウスの電池など)

・家賃や電気代の一部(全体の何%がアフィリエイトで利用しているか)

など挙げてみると以外とたくさんあります。

 

申告の際には領収書が必要になりますので、領収書をもらう習慣を

つけておくといいですね。

インターネット料金やレンタルサーバーの支払いはクレジットカード払いが

大半だと思います。

その場合領収書が無いのですが、そういうときはクレジットカードの

支払い明細を提出すれば大丈夫です。

 

関連記事

  1. アフィリエイトで収入を得た場合は、確定申告が必要です

  2. 副業やアフィリエイトが会社にばれないようにする方法

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

最強のWordPressテンプレート「賢威」

wordpress-keni

WordPressのSEO対策が気になるならWordPressテンプレートの最高峰「賢威」で間違いありません。

SAKU限定特典&レビュー

究極のサイト作成ツール「シリウス」

sirius

サイトアフィリエイトをより効率的に効果的に進めるサイト作成ツールならシリウス一択です。サイトアフィリエイトの神器みたいなものですよ!

SAKU限定特典&レビュー

アフィリエイトのバイブル「LUREA plus」

LUREA-plus

本気で稼ぐために必要なノウハウがギュッと詰め込まれた、全てのアフィリエイターのバイブルとなる教材です。 アフィリエイトの基礎からしっかりと取り組めます。 再現性も抜群です!

SAKU限定特典&レビュー

LUREA Plus関連記事
PAGE TOP