◆当サイト一押し教材『ルレアプラス』◆

エックスサーバーの独自SSLを設定してWordPressを無料でHTTPS化する方法

エックスサーバーで独自SSLが無料で利用できるようになったため、WordPressで使えるようにするための方法をご紹介します。

SSL対応しているかどうかはこれから先、重視されていくのは明確なので新規でサイトを立ち上げるときは最初からSSLを利用した方が良いですね。Googleでも「SSL化対応しているサイトを優先してインデックスする」という発言もあったようですし。

従来では有料だったSSLもエックスサーバーでは無料でSSLを利用することができるようになったので、これは使っておくべきですね!

エックスサーバー側でのSSL設定

まずエックスサーバーのサーバーパネルにログインし、対象ドメインを選択してください。事前準備のひとつとして、万が一のために各種バックアップは取っておきましょう。

独自SSL設定の追加

サーバーパネルから「SSL設定」をクリックしてください。

ssl-xserver

続いて「独自SSL設定の追加」タブをクリックしてください。

ssl-add

設定対象ドメインやサイトが間違いなければ「独自SSL設定を追加する(確定)」ボタンをクリックしてください。また、「CSR情報(SSL証明書申請情報)を入力する」という項目がありますが、個人サイトレベルでは不要なのでチェックを入れなくても大丈夫です。

ssl-execute

「1時間ほど掛かることがあります」と表示されますが、大体すぐに反映されます。

SSL設定の一覧に設定したサイトがhttps://のURLで表示されていれば完了です。

ssl-kakunin

この時点で対象サイトのURLの先頭を「http://」から「https://」に変更してアクセスすることが可能となっています。ブラウザ上で一度確認してみてください。ここで表示されなかった場合は焦らずに最大で1時間待ってから再度確認してみてください。

.htaccessを編集して301リダイレクト

次に301リダイレクトのために.htaccessを編集します。

これをやっておくと従来通り「http://」から始まるURLでアクセスがきたときに「https://」に自動的に飛ばしてくれます。途中でSSL化するときには必須なので必ずやっておきましょう。

 

サーバーパネルから「.htaccess編集」をクリックしてください。

htaccess-edit

.htaccess編集をクリックし、以下の内容を追加してください。

追加すると以下のようになります。

「.htaccessを編集する(確認)」をクリックしてください。

htaccess-edit

以上でエックスサーバー側での作業は終了です。

続いてWordPress側でSSL化するために変更作業が発生します。

WordPressをSSL対応にする

ssl-web

WordPress側でもSSL化するためにいくつか作業が必要です。順番に実施していきましょう。

WordPressのURLをhttpsに修正

まずはダッシュボードの設定からWordPressのURLを修正します。「WorPressアドレス」「サイトアドレス」の両方を「http://」から「https://」に変更してください。

wordpress-ssl

変更後、「変更を保存」をクリックするのをお忘れなく。

wordpress-ssl-save

内部リンクをSearch Regexで修正

新規に立ち上げたWordPressであればほとんど問題無いですが、それなりに運営してきたWordPressの中には「http://」から始まる内部リンクが大量にあります。

他記事へのリンクや画像のimgタグ等は全て「http://」で始まっていますが、これらを手作業でひとつひとつ修正していったら時間がいくらあっても足りないですし、直し忘れが絶対に出てきます。

ここを効率良くやるならWordPressプラグイン「Search Regex」がオススメです。このプラグインはWordPress内の全てのファイルを対象に一括置き換えできる優れものです。

 

まだインストールしていない場合は、今回限定でもいいのでインストールして有効化しておきましょう。

search-regex

ダッシュボードのツールから「Search Regex」をクリックしてください。

search-regex

設定項目は少なく、「置き換え前」「置き換え後」のURLを指定するだけでOKです。他パラメータについても以下のように初期値のままで問題ありません。

seach-regex-replace

  • Source:Post content(初期値)
  • Limit to:No limit(初期値)
  • Order By:Ascending(初期値)
  • Search pattern:置き換え前のhttp://から始まるURL
  • Replace pattern:置き換え後のhttps://から始まるURL
  • Regex:選択無し

 

ここで「Replace」をクリックしてみてください。この時点では置き換えが行われないので確認するためのボタンだと思ってもらって大丈夫です。

以下のように置き換え前と置き換え後のURLが赤字で表示されています。ここで置き換え前後のURLが間違っていないかをしっかりと確認しておいてください。プラグインで置き換えると元に戻すことができないので慎重に確認しておきましょう。

search-regex-check

これで問題が無ければ「Replace & Save」クリックしてください。

seach-regex-execute

以上でWordPress側の変更も完了となります。

 

WEBブラウザやスマホで一度確認してみましょう。

Chromeであれば以下のように「保護された通信」と表示されていれば正常にSSL化されています。

ASPの広告タグを修正

アフィリエイトブログであれば記事やサイドバー等にASPの広告を設置しているかと思います。WordPressをSSL化した場合はこの広告タグも「https://」から始まるタグにしなければなりません。

まずは今設置している広告タグを確認し、「http://」から始まっているタグの場合は「https://」に修正するか、ASPで取得し直しましょう。

最近では多くのASPの広告がHTTPS対応してきているので広告タグを取得し直すと「https://」になっていると思います。参考までに以下のASPがHTTPSタグに対応しています。(2017年10月現在)

  • Googleアドセンス
  • A8.net
  • afb
  • Link-A
  • アクセストレード
  • JANet
  • amazonアソシエイト
  • もしもアフィリエイト
  • バリューコマース
  • 楽天アフィリエイト
  • レントラックス
  • リンクシェア(一部httpタグ混在)
  • インフォトップ(一部httpタグ混在)

合わせてASPに登録しているサイトURLも修正しておきましょう。

他にGoogleAnalyticsやSearch Consol、Ping送信サービス、SNSを利用している場合は、それぞれURLを「https」に修正しましょう。残念ながらSNSカウントを利用している場合は一度クリアされてしまいます。

 

ここまで完了すればアフィリエイトブログとしてのSSL化対応は完了となります。

SSL化すると検索順位が落ちたり、それに引きずられてアクセスが減ってしまうこともあり、直接的な収益に影響する可能性もあります。(大抵は時間が経つと元に戻ります)そういうリスクを認識した上でSSL化に取り掛かるようにしてください。

ちなみに本サイトはまだSSL化できていませんが、近いうちにSSL化する予定です(汗)

エックスサーバー社のWPXだとWordPressサイトURLやリダイレクトのための.htaccessの編集がサーバーパネル上でボタンを押すだけでできるため、SSL化がもっと楽なのでエックスサーバーにも同じ機能を実装してくれると更に作業は楽になりそうなので期待しています。

 

◆アフィリエイトで成功するためのオススメ情報商材◆

オススメ情報商材ランキング
実際に私が実践しているアフィリエイトで稼ぐための情報商材をランキング形式でご紹介します。
便利ツールランキング
アフィリエイトの実践を補助する役立つ便利ツールをランキング形式でご紹介します。

◆Facebook始めました◆

最新記事もチェック

◆SAKUの無料メルマガ購読のご案内◆

mail-magazine

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)