◆当サイト一押し教材『ルレアプラス』◆

お名前.com共用サーバーからWPXクラウドへWordPressを移転する方法

タイトルの通りですが、私が運営しているサイトのひとつをお名前.com共用サーバーからWPXクラウドへ移転させました。お名前.com共用サーバーは安定性やサポート性は非常に優秀なのですが、WordPressの管理画面内での動きがちょっと重い印象がありました。サイトの表示速度は遅くはないのですが、かなり力を入れているサイトなので、より優秀そうなWPXクラウドへ移転させようかなというのがキッカケです。

で、この作業がけっこう手こずったので、備忘録な意味合いも含めてご紹介します。サーバー移転の参考にもなると思いますのでご紹介します。

サーバー移転の準備

server

まずは移転の準備として必要なものを揃えます。使うときに用意しても良いですが、先に用意しておいた方が作業自体は効率的に進めていけます。

お名前.com共用サーバーでのデータベース情報

お名前.comのサーバーnaviから管理パネルにログインし、「MySQL」からデータベース情報をメモしておいてください。

必要になるのは以下の4つです。

  • データベース名
  • ホスト名
  • ユーザ名
  • パスワード

それぞれメモ帳などに保存しておきましょう。

キャッシュ系プラグインの停止または削除

移転させた後にちょっと表示がおかしくなったりしたので、キャッシュ系プラグインは停止させておくか、削除しておいた方が無難だと思います。

私の場合は以下のプラグインを使っていたので削除しました。

  • W3 Total Cache
  • DB Cache Reloaded Fix

これ以外にもWP-Super Cache辺りも使っていたら止めておいた方が良いと思います。

WPX自体がキャッシュ機能を持っているのでこの手のキャッシュ系のプラグインは使わなくても十分早くなります。

wp-contentフォルダを丸ごとダウンロード

お名前.com共用サーバーにFTPソフトで接続し、対象サイトのwp-contentを丸ごとダウンロードしておいてください。これは移転後にWPXへ移植するときに使います。

場所はどこでも良いですが、私はデスクトップに置いておきました。

WPXクラウド側の準備

次にWPX側で移転先の環境を用意していきます。

WPXクラウドを契約

wpx-cloud

WPXクラウドのページで契約を申し込みます。

https://www.wpx.ne.jp/cloud/

プランはグレードA(月額500円)で大半は十分です。月間PVが50万、100万といくようなサイトの場合は、グレードB、Cの方が適しています。

申し込み後、メールで会員登録完了の連絡がすぐに届きます。メールに書いてあるURLからWPXクラウドの管理パネルへアクセスすることができます。

WPXクラウドで使用するドメインを追加

次にWPXクラウドの管理パネルから使用するドメインを追加する必要があります。追加しないとWordPressがインストールできません。

この時点ではドメインはお名前.com共用サーバーと紐付いていますね。全ての移転作業が終わるまではネームサーバーは切り替えないで進めます。

お名前.comやロリポップ等でドメインを管理している場合は「他社管理のドメインを追加する」をクリックします。

wpx-domain_1

ドメイン名には実際に使うドメインを入力してください。現在動いているサイトに影響は出ないので大丈夫です。認証方式は「Web認証」が簡単です。お名前.com共用サーバーにhtmlファイルを1個アップロードするだけで認証できます。

wpx-domain_2

ドメインを追加したらそのままWordPressをインストールしておいてください。サイトタイトルは今運営しているサイトと同じものでOKです。

WPXクラウドのphpMyAdminでバージョンを確認

WPXクラウドの管理パネルのサイドメニューから「phpMyAdmin」をクリックしてください。

phpMyAdminが開くので、右下のphpMyAdminのバージョンを確認しておいてください。私の場合は「バージョン情報:4.4.10」となっていました。

wpx-phpmyadmin

WPXクラウドと同じバージョンのphpMyAdminをダウンロード

上で確認したWPXクラウドで使用しているphpMyAdminと同じバージョンのphpMyAdminをダウンロードしてください。バージョン4.4.10の場合は以下のURLからphpMyAdmin-4.4.10-all-languages.zipをダウンロードできます。

https://www.phpmyadmin.net/files/4.4.10/

他のバージョンの場合でも検索すれば見つかりますので、WPXクラウドのphpMyAdminと同じバージョンのものを用意してください。お名前.com共用サーバーへphpMyAdminをインストールする必要があるのですが、バージョン違いでやったときにインポート時でエラーが出ましたので。

お名前.com共用サーバーへphpMyAdminをインストール

phpmyadmin

phpMyAdminを使用してデータベースの情報をエクスポートし、WPXのphpMyAdminへインポートする必要があるのですが、お名前.com共用サーバーはエックスサーバーやWPXのようにphpMyAdminが用意されていません。そのため、手動でphpMyAdminをインストールしなければなりません。

以下の手順でインストール可能なので、参考にしてみてください。FTPソフトはWinSCPを使用しています。私の例とphpMyAdminのバージョンが違う場合は、バージョンを置き換えてください。

 

ドメイン名フォルダの下にダウンロードしたphpMyAdminをzipファイルのままアップロードしてください。

phpmyadmin-install_01

メニューバーからコンソールを開く。移行の手順では、このコンソールにコマンドを入れてファイルを操作していきます。コマンドはコピー&ペーストが使えます。

phpmyadmin-install_02

コンソールに以下のコマンドを入力し、zipファイルを解凍します。

コンソールに以下のコマンドを入力し、phpファイルの権限を700に変更します。

コンソールに以下のコマンドを入力し、フォルダ名をphpmyadminに変更します。

コンソールに以下のコマンドを入力し、phpmyadmin配下にconfigフォルダを作成します。

WEBブラウザに「https://ドメイン名/phpmyadmin/setup/」を入力し、phpMyAdminの管理画面に入ってください。画面が表示されたら「SSL接続の推奨」のオプションをクリックしてください。

phpmyadmin-install_03

セキュリティタブを選択し、SSL接続の推奨にチェックを入れてください。

phpmyadmin-install_04

「新しいサーバ」ボタンをクリックしてください。

phpmyadmin-install_05

基本設定タブの「このサーバの詳細な名前」「サーバのホスト名」に事前に確認したホスト名を入力してください。入力後、「SSLを使用する」にチェックを入れてください。

phpmyadmin-install_06

認証タブを選択し、「config認証用のユーザ」欄にrootと入っているので削除し、空白にしてください。

phpmyadmin-install_07

サーバ設定タブを選択し、「リスト化したデータベースだけを表示する」欄に事前に確認したデータベース名を入力してください。

phpmyadmin-install_08

設定ファイルのデフォルト言語を日本語にし、「保存する」ボタンをクリックしてください。

phpmyadmin-install_09

FTPソフトでconfigフォルダの中にある「config.inc.php」ファイルをダウンロードしてください。

phpmyadmin-install_10

ダウンロードしたconfig.inc.phpファイルをphpmyadminフォルダの下へアップロードしてください。

phpmyadmin-install_11

phpMyAdminの脆弱性対策として、コンソールに以下のコマンドを入力し、configフォルダのパーミッション設定を「000」に変更します。

最後にコンソールに以下のコマンドを入力し、phpmyadmin/setup/index.phpファイルのパーミッション設定を「600」に変更します。

以上でお名前.com共用サーバーへのphpMyAdminのインストールは完了です。WEBブラウザに「https://ドメイン名/phpmyadmin/」を入力し、phpMyAdminが表示されることを確認しておいてください。事前に確認していたユーザ名、パスワードでログインすることができます。

 

phpmyadmin-install_12

お名前.com共用サーバーのphpMyAdminからSQLファイルをエクスポート

お名前.com共用サーバーにインストールしたphpMyAdminにログインし、SQLファイルをエクスポートします。エクスポートタブを選択し、エクスポート方法の「詳細」にチェックを入れてください。

sql_export

生成オプションの「DROP TABLE/VIEW/PROCEDURE/FUNCTION/EVENT/TRIGGERコマンドを追加する」にチェックを入れてください。

sql_export_01

一番下にある「実行」ボタンをクリックするとSQLファイルをエクスポートすることができます。エクスポートしたファイルは「sddb***********_cgidb.sql」といった名前のファイルになります。

sql_export_02

WPXクラウドへデータベースのインポート

WPXクラウドの管理パネルから「データベースのバックアップ」を選択し、「参照」ボタンをクリックして先ほどエクスポートしたSQLファイルを選択してください。「インポート実行」ボタンをクリックするとデータベースがインポートされます。

phpmyadmin_inport_01

インポートがエラーになる場合

データベースのインポートが失敗する場合はテーブルの接頭詞が「wp_」以外になっていることが考えられます。

例)

  • wp1_
  • wp2_
  • ○○_

この場合は接頭詞を「wp_」にしなければなりません。エクスポートしたSQLファイルをテキストエディタで開き、今の接頭詞を「wp_」に置き換えてください。

  • wp1_ ⇒ wp_
  • wp2_ ⇒ wp_
  • ○○_ ⇒ wp_

置き換えたら、再度インポートを試してみてください。私がやったときは接頭詞がwp_ではなかったのでこれでちょっとハマりました。

wp-contentフォルダをWPXクラウドへアップロード

事前に用意しておいたwp-contentフォルダをFTPソフトを使ってWPXクラウド側へアップロードします。

wp-content_upload

アップロード後、サイトの閲覧やダッシュボードやプラグイン等色々なページを確認し、問題なく表示することができることを確認しましょう。

最後にドメインのネームサーバーをWPXのものに変更すれば、WPX側の環境でサイトが閲覧可能となります。

ネームサーバー変更前にサイトの閲覧状況を確認するには

ネームサーバーを変更してしまうと移転後の環境が生きてしまうため、何か問題があると訪問者の閲覧状況に不都合が生じることも考えられます。アフィリエイトサイトでは直接的な収益にも影響しかねないので移転前に問題が無いことは確認しておきたいところです。

ですが、ネームサーバーを変更せずにサイトにアクセスすると移転前のサーバーにつながってしまいます。

そこでパソコン側でhostsというファイルを修正することで、あなたのパソコン上でのみ移転後に接続することができます。

hostsファイルはパソコンの「C:\WINDOWS\system32\drivers\etc\hosts」にあるので、テキストエディタで開き編集します。
WPXの管理パネルの「サーバー基本情報」からサーバーのIPアドレスが確認できます。

hostsファイルに以下のように追記してください。

 

サーバのIPアドレス ドメイン名

例)

123.234.123.234 a-cherry-blossom.com

 

保存してファイルを閉じれば、あなたのパソコンから見た宛先がWPXクラウド側の環境に変わります。

ここでサイトを閲覧したり、WordPressの管理画面を開いて移転後の状況を確認することができます。

 

 

ここまでの手順でお名前.com共用サーバーからWPXクラウドへの移転が完了となります。

やってみると案外できるので、あなたのサーバーの移転の役立てば嬉しいです。

◆アフィリエイトで成功するためのオススメ情報商材◆

オススメ情報商材ランキング
実際に私が実践しているアフィリエイトで稼ぐための情報商材をランキング形式でご紹介します。
便利ツールランキング
アフィリエイトの実践を補助する役立つ便利ツールをランキング形式でご紹介します。

◆Facebook始めました◆

最新記事もチェック

◆SAKUの無料メルマガ購読のご案内◆

mail-magazine

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)