◆当サイト一押し教材『ルレアプラス』◆

アフィリエイトでキャラ設定は必要か?信用される文章の書き方

あなたはアフィリエイトで記事を書くときの文体はどのように書いていますか?

人それぞれ色々な方法で書いていると思いますが、サイトでのキャラ設定や信用される文章の書き方について解説していきます。特にコンテンツ重視のサイトでは大切なことなので、確認しておきましょう。

アフィリエイトでのキャラ設定

まず、キャラ設定ですが、100記事以上書くようなコンテンツ重視のサイトの場合は、管理人プロフィールなどのコンテンツがあった方が良いです。

コンテンツが優れているサイトほど、このサイトの管理人はどんな人が運営しているんだろう?という疑問がでてきます。

1記事使って管理人の自己紹介的なプロフィール記事を用意しておきましょう。

 

どこで生まれて・・とかは不要ですが、年齢、性別、家族構成、職業、今の居住地やサイトを作成した理由などは欲しいところです。こういうのを公開しておくと、比較的近い年代や地域の方に好感を持ってもらえることがあります。

また、悩み系のサイトであれば、今までこんな悩みがありましたが・・・みたいな感じでストーリーを用意しておくと、同じような悩みを抱えている方に共感を得てもらいやすくなります。

これが成約率アップにつながることもあるので、悩み系サイトを運営している場合は、特にオススメです。

 

単品の物販サイトレベルの場合は、影響度が少ないので管理人プロフィールを用意するぐらいなら、他のサイト作成や記事作成に時間を使った方が良いでしょう。

記事での文体や口調

記事を書いていく時に文体や口調はまず統一しておきましょう。

  1. ~~です。
  2. ~~します。
  3. ~~だ。
  4. ~~しよう。

上記例だと、1、2が同じ口調となっており、3、4が同じ口調になります。

 

これはどちらでも良いのですが、個人的には1、2のような口調の方が好感は得やすいでしょう。

私が購入者サポートしている方にはよく説明しているのですが、「仲の良い先輩に説明するイメージ」で記事を書いていくと書きやすいと思います。

こういう口調が一番無難で受け入れられやすい文体になります。逆に3、4のような口調は人によっては偉そうな印象を持たれがちです。

 

次に以下の2つの文章を読んでみてください。

A:「私がどうやってこの悩みを改善させたか紹介する。是非参考にしてみてほしい。」

B:「私がどうやってこの悩みを改善させることができたのかご紹介します。是非参考にしてみてくださいね。」

 

あなたはこの例だとどちらが好感が持てますか?

おそらくBの方が好感が持てると感じたのではないでしょうか?

Aの場合は、上から目線というか、やっぱり偉そうですよね。

 

こういう口調の文章を書いているブロガーやアフィリエイトサイトもたくさんありますが、Bの方が一般的に受け入れられやすいと思います。

同じように一人称は「私」が最適です。「俺」とかは反応が悪いので止めた方が良いです。

信頼される文章の書き方

writing-skill

これは全般的に気にしておいてほしいことなのですが、可能な限り「言い切る、断言する」ことを意識しておきましょう。

すごい大事なことを書いているのに「~~だと思います」だと、信ぴょう性が薄れてしまいます。「思います」を多用すると自信の無さそうな印象が伝わってしまい、信頼が得にくい文章になってしまいます。使ってはいけないわけではないですが、本当に必要なときにのみ使うようにしましょう。

また、「多分」「とりあえず」「一応」も使うのは控えた方が良いです。

これらは「思います」と同じように言い切っておらず、反応が悪くなりがちなので多用は厳禁です。このような表現は無意識に使ってしまっている人って案外多いので、あなたも自分の文章を見直してみて、改善できるところは修正しておいた方が良いでしょう。

顔文字や(笑)は使わないほうが良い?

文章を書いていくときに(笑)や(汗)とか使いたいときがあるかもしれませんが、こちらも多用はしない方が良いです。顔文字も同様です。

多少であれば良いですが、使い過ぎると逆効果なので、1記事の中で1、2回までとか自分の中で上限を決めておいた方が良いですね。

最近多いのが(笑)の代わりにwwwを使う人がたまにいます。はっきり言いますが、これは頭が悪い文章に一気に変わってしまうので、使うのは止めたほうが良いです。

訪問者に与えるあなたのイメージ自体が下がってしまいます。

 

インターネット上では普通に見かけますが、wwwとか使う人の文章が信用できるのか?と考えるとどう考えても使わない方が良いですよね。まだまだインターネット上では、wwwは相手をバカにした印象を与えがちです。

まとめ

信用されるサイトにしていくためのライティングに関わる部分をまとめます。

  • 大規模なサイトの場合は、管理人プロフィールを用意する
  • 文章は仲の良い先輩に説明するようなイメージで書く
  • 一人称は「私」
  • 可能な限り文章は言い切る
  • wwwは使わない。使うならせめて(笑)で

信用されるサイトにしていくには必要なことなので、記事を書いていくときは意識しておくようにしましょう。記事は数を重ねれば絶対に慣れてくるので、とにかく数を書いて慣れていきましょう。

◆アフィリエイトで成功するためのオススメ情報商材◆

オススメ情報商材ランキング
実際に私が実践しているアフィリエイトで稼ぐための情報商材をランキング形式でご紹介します。
便利ツールランキング
アフィリエイトの実践を補助する役立つ便利ツールをランキング形式でご紹介します。

◆Facebook始めました◆

最新記事もチェック

◆SAKUの無料メルマガ購読のご案内◆

mail-magazine

2 Responses to “アフィリエイトでキャラ設定は必要か?信用される文章の書き方”

  1. はじめまして。

    興味深く読ませて頂きました。

    私はブログアフィリのアドセンス広告収入を考えているのですが、
    疑問が湧いてきました。

    文章を書くのはいいのですが、検索上位に来ているライバルのサイトを
    見ていると、写真やイラストを使ったり、リンクを貼ったりしています。

    今更なんですが、私はネット音痴でこういう知識は持ち合わせません。

    ただ、文章だけの記事でいいんでしょうか?

    ご回答頂ければ幸いです。

    • 橋本様

      コメントありがとうございます。

      アドセンス収入を考えていくのであれば「読ませる記事」が大前提になります。
      ですが、字ばかりの記事では読む側も目が疲れてしまいますし、
      最後まで読んでもらえずに離脱してしまったりしてしまうことも考えられます。

      そこで章毎に写真やイラストのような画像を設置しておくことで目を休めるというか、
      一旦リフレッシュさせるような効果が期待できます。
      結果最後まで読んでもらえる人数は増えますし、広告のクリックされる数にも影響してきます。

      リンクについては他の記事へのリンクを貼るのが一般的です。
      それによってサイトのPV数を増やすことが期待できますし、長く読んでくれる人はいろんな
      記事も読んでくれます。
      こういうことの積み重ねが収益に影響してくると考えます。

      ですので文章だけでサイトを作っていくのは私としてはオススメしていません。
      知識が無ければ調べればそこは補完できるものなので、やり方を検討された方が
      良いかなと思います。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)