◆当サイト一押し教材『ルレアプラス』◆

ロリポップでSimple Custom CSSを使うと403エラーが出る現象を回避する方法

ロリポップ上のWordPressでSimple Custom CSSプラグインやJetpackプラグインのようなCSS編集可能なプラグインを使うと403エラーが出ることがあります。

Simple Custom CSSは非常に便利なプラグインなので使えるようにしたいところですね。ロリポップ上の操作で回避可能なのでその方法をご紹介します。

403エラー発生のタイミング

ロリポップサーバーにインストールしているWordPressにSimple Custom CSSプラグインをインストールし、CSSを編集すると403エラーが発生しました。

以下の画面でCSSを編集し、「Update Custom CSS」をクリックします。

simple custom css

そうするとこのようなエラー画面が表示されてしまいます。

初見はちょっと焦りますが、ブラウザで戻るを押せばCSS編集画面に戻れます。そこでCSS編集欄を空欄にして更新すれば、ひとまずエラーは出なくなり元に戻せます。

lolipop-error

これの原因はロリポップサーバーが搭載している「WAF」という機能がCSSへの干渉を防御しているためです。

この機能は「WAF(ウェブ・アプリケーション・ファイアウォール)」といい、あなたのサイトを守ってくれるセキュリティ機能です。ユーザーのために用意してくれている機能ですが、これを無効にすることでCSS編集を行うことができるようになります。

WAFを無効にする

WAFを無効にする方法ですが、ロリポップ管理画面のサイドメニューから「WAF設定」を選択します。

lolipop-waf

WAF設定画面で対象のドメインの「設定変更」列の「無効にする」ボタンをクリックします。

lolipop-waf-enable

そうすると対象ドメインの設定状態が「無効」に変わります。

2015-11-06_10h41_31

これで対象ドメインのWAF機能が無効となります。設定反映まで5分~10分程度かかりますので、少し待ってからCSS編集ができるようになったか確認してみてください。

◆アフィリエイトで成功するためのオススメ情報商材◆

オススメ情報商材ランキング
実際に私が実践しているアフィリエイトで稼ぐための情報商材をランキング形式でご紹介します。
便利ツールランキング
アフィリエイトの実践を補助する役立つ便利ツールをランキング形式でご紹介します。

◆Facebook始めました◆

最新記事もチェック

◆SAKUの無料メルマガ購読のご案内◆

mail-magazine

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)