◆当サイト一押し教材『ルレアプラス』◆

SEO対策として内部リンクを充実させることの重要性

    SEO対策と言うと、つい外部からの被リンクを意識してしまいがちですが、SEOは外部だけではありませんよね。

    サイト自体の内部リンクもSEOとしては非常に重要な項目のひとつです。

    パワーサイトを作る上では必要なことなので、サイト作成時に内部リンクを意識するようにしておきましょう。

    内部リンクの役割・必要性

    seo

    では、内部リンクはサイトの中でどのような役割を担っているのでしょうか。

    内部リンクとはその名の通り、サイトの内部に向けたリンクです。

    すなわち、記事から他の記事への導線になるわけです。

     

    この内部リンクを張り巡らせておくことで、検索エンジンのクローラーが巡回しやすくなり、

    それによって記事がインデックスされ、内部リンクが集中しているコンテンツは

    評価されやすいと言われています。

     

    それだけではなく、サイト訪問者が内部リンクをクリックすることで、

    他の記事も読んでもらえることにも繋がります。

    つまり結果的にPV数アップに役立つわけですね。

    こういうことの積み重ねが上位表示に繋がっていくので、覚えておきましょう。

    内部リンクの張り方

    seo

    内部リンクの張り方はいくつか方法があります。

    • 目次ページの作成
    • グローバルメニューからのリンク
    • サイドバーからのリンク
    • 記事からのリンク

     

    普段から何気なく使っているものもあると思います。

    これが内部リンクの基本です。

     

    特に重要な見てもらいたいコンテンツに向けては必ず入れておきたいところですね。

     

    また、可能な限りトップページから3~5クリックぐらいで目的のコンテンツ(記事)に

    辿り着けるように作っておくのも意識しておいた方が良いかもしれません。

    これはクローラーにページを巡回してもらいやすくするためと思っておいてください。

     

    あまりに深いところにあるコンテンツはインデックスされなかったり、

    インデックスされにくかったりすることがあるので、意識しておいて損はありません。

    アンカーテキストの使い方

    アンカーテキストはアフィリエイト教材でも解説されていることがあるので、

    知っているかもしれませんが、アンカーテキストにはキーワードを含めたり、

    リンク先がどんなコンテンツなのかをわかるようにしておくのが良いです。

     

    アンカーテキストはリンクの中でも重要なポイントのひとつなので、

    必ず意識するようにしておきましょう。

     

    例えばサテライトサイトからメインサイトへ被リンクを送るときには、

    キーワードを含めたアンカーテキストでリンクを張ってあげると良いですね。

    やりすぎはNGですが、アンカーテキストの基本として覚えておきましょう。

    画像リンクの使い方

    サイトを作っていく中で、重要なコンテンツに対して画像リンクを使うことがあるかと思います。

    例えば自作の画像(バナー、ボタン等)にリンクを仕込んでおく等ですね。

     

    こういった場合には、画像にはalt属性で代替テキストを入れるようにしておきましょう。

    これは検索エンジンのクローラーは画像を認識できないので、

    代替テキストでリンク先を教えてあげる意味合いもあります。

     

    「画像を設置したら設定する!」とお決まりの認識をしておけば良いかと思います。

     

      ◆アフィリエイトで成功するためのオススメ情報商材◆

      オススメ情報商材ランキング
      実際に私が実践しているアフィリエイトで稼ぐための情報商材をランキング形式でご紹介します。
      便利ツールランキング
      アフィリエイトの実践を補助する役立つ便利ツールをランキング形式でご紹介します。

      ◆Facebook始めました◆

      最新記事もチェック

      ◆SAKUの無料メルマガ購読のご案内◆

      mail-magazine

      コメントを残す

      日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)