◆当サイト一押し教材『ルレアプラス』◆

直接CSSを編集せずにカスタマイズできるSimple Custom CSSプラグインの使い方

    WordPressでテンプレートの調整やタグの調整をするときには、通常ではCSSをテーマ編集から直接していきますが、テンプレートのバージョンアップ等を行うと編集した内容が初期化されてしまいます。

    そのため、修正する度にメモ帳等にバックアップを取っておいて・・・と手間が掛かる作業が必要になります。

    このSimple Custom CSSプラグインを使うことで、編集した内容がテンプレートをアップデートしても残るため、非常に便利です。

    CSSを自分で調整している場合は、オススメのプラグインですよ。

    Simple Custom CSSのインストール方法

    プラグインの新規追加から「Simple Custom CSS」と検索してください。

    2015-08-06_17h12_49

    Simple Custom CSSが見つかるので、「今すぐインストール」をクリックしてください。

    2015-08-06_17h13_23

    インストールが完了したら、「プラグインを有効化」をクリックしてください。

    2015-08-06_17h14_28

    Simple Custom CSSの設定方法

    サイドバーの「外観」-「Custom CSS」をクリックすると、CSS編集画面を開くことができます。

    2015-08-06_17h09_43

    このエリアに編集したい内容を記載していきます。

    2015-08-06_17h14_55

    普段style.cssに追加・修正している項目を書く感じです。

    最後に「Update Custom CSS」ボタンをクリックすることで設定が反映されます。

    2015-08-06_17h16_22

    このように「Custom CSS updated successfully.」と表示されれば完了です。

    2015-08-06_17h17_16

    あとは編集した内容がサイトに正常に反映されているか確認しておきましょう。

    このプラグインを使うと、テンプレートのアップデートを行っても、いちいちバックアップを取る手間が省けるのでオススメです。

    必要に応じて活用してみてはどうでしょうか?

    ロリポップレンタルサーバーを利用している場合

    ロリポップレンタルサーバーを利用している場合は、CSSを編集しようとするとエラーが発生することがあります。

    これはロリポップ側で設定を変更すれば回避可能なので確認しておいてください。

    ⇒ Simple Custom CSSで403エラーが起きる場合の回避方法

     

      ◆アフィリエイトで成功するためのオススメ情報商材◆

      オススメ情報商材ランキング
      実際に私が実践しているアフィリエイトで稼ぐための情報商材をランキング形式でご紹介します。
      便利ツールランキング
      アフィリエイトの実践を補助する役立つ便利ツールをランキング形式でご紹介します。

      ◆Facebook始めました◆

      最新記事もチェック

      ◆SAKUの無料メルマガ購読のご案内◆

      mail-magazine

      コメントを残す

      日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)