WordPress

wordpress

直接CSSを編集せずにカスタマイズできるSimple Custom CSSプラグインの使い方

WordPressでテンプレートの調整やタグの調整をするときには、通常ではCSSをテーマ編集から直接していきますが、テンプレートのバージョンアップ等を行うと編集した内容が初期化されてしまいます。

そのため、修正する度にメモ帳等にバックアップを取っておいて・・・と手間が掛かる作業が必要になります。

このSimple Custom CSSプラグインを使うことで、編集した内容がテンプレートをアップデートしても残るため、非常に便利です。

CSSを自分で調整している場合は、オススメのプラグインですよ。

Simple Custom CSSのインストール方法

プラグインの新規追加から「Simple Custom CSS」と検索してください。

2015-08-06_17h12_49

Simple Custom CSSが見つかるので、「今すぐインストール」をクリックしてください。

2015-08-06_17h13_23

インストールが完了したら、「プラグインを有効化」をクリックしてください。

2015-08-06_17h14_28

Simple Custom CSSの設定方法

サイドバーの「外観」-「Custom CSS」をクリックすると、CSS編集画面を開くことができます。

2015-08-06_17h09_43

このエリアに編集したい内容を記載していきます。

2015-08-06_17h14_55

普段style.cssに追加・修正している項目を書く感じです。

最後に「Update Custom CSS」ボタンをクリックすることで設定が反映されます。

2015-08-06_17h16_22

このように「Custom CSS updated successfully.」と表示されれば完了です。

2015-08-06_17h17_16

あとは編集した内容がサイトに正常に反映されているか確認しておきましょう。

このプラグインを使うと、テンプレートのアップデートを行っても、いちいちバックアップを取る手間が省けるのでオススメです。

必要に応じて活用してみてはどうでしょうか?

ロリポップレンタルサーバーを利用している場合

ロリポップレンタルサーバーを利用している場合は、CSSを編集しようとするとエラーが発生することがあります。

これはロリポップ側で設定を変更すれば回避可能なので確認しておいてください。

ロリポップでSimple Custom CSSを使うと403エラーが出る現象を回避する方法

 

関連記事

  1. wordpress

    WP-DBManagerでWordPressを自動バックアップ

  2. wordpress

    WordPressのメンテナンス中が.maintenanceを削除して…

  3. wordpress

    YARPPの記事タイトルが切れる状態を修正する方法【WordPress…

  4. wordpress

    Easing Sliderプラグインの設定方法【WordPress】

  5. wordpress

    moreタグの下にGoogleアドセンスを表示するMaster Pos…

  6. wordpress

    YARPPのサムネイル画像が潰れる状況を改善する方法

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

最強のWordPressテンプレート「賢威」

wordpress-keni

WordPressのSEO対策が気になるならWordPressテンプレートの最高峰「賢威」で間違いありません。

SAKU限定特典&レビュー

究極のサイト作成ツール「シリウス」

sirius

サイトアフィリエイトをより効率的に効果的に進めるサイト作成ツールならシリウス一択です。サイトアフィリエイトの神器みたいなものですよ!

SAKU限定特典&レビュー

アフィリエイトのバイブル「LUREA plus」

LUREA-plus

本気で稼ぐために必要なノウハウがギュッと詰め込まれた、全てのアフィリエイターのバイブルとなる教材です。 アフィリエイトの基礎からしっかりと取り組めます。 再現性も抜群です!

SAKU限定特典&レビュー

LUREA Plus関連記事
PAGE TOP