◆当サイト一押し教材『ルレアプラス』◆

グループアナライザーのワードプレスでの解析タグ設置場所とは?

優良アクセス解析ツール「グループアナライザー」ですが、「グループアナライザープレミアム」も発売されて更に利用者が増えていますね。

このグループアナライザーは非常に操作も簡単なので、オンラインマニュアルを見なくても使うことができるのがGoodですね。

グループアナライザーに限らず、アクセス解析タグをWordPressに設置するときは、使用しているテンプレートによって多少異なります。

いくつかのテンプレートを例にご紹介します。

アクセス解析タグの取得

まずはグループアナライザー(以降GA)側でアクセス解析タグを設置したいサイトの情報を登録していきます。

GAプレミアムの画面を使って解説しますが、通常版のGAでもほとんど同じ操作になります。

 

1.「サイト追加」をクリック

2015-02-16_16h42_15

2.サイト情報を入力

2015-02-16_16h43_45

3.サイト情報入力後、「サイト追加」をクリック

2015-02-16_16h43_57

4.「サイト一覧へ」をクリック

2015-02-16_16h44_19

5.サイト一覧から「解析タグ表示」ボタンをクリック

2015-02-16_16h44_41

6.解析タグが表示されるので、コピーしておく

2015-02-16_16h45_07

以上がGA側でのサイト登録、アクセス解析タグの取得までの手順になります。

WordPressへのアクセス解析タグの設置

ここではWordPressへのアクセス解析タグの設置方法をご紹介していきます。

  • リファイン
  • TCDテンプレート
  • SINKA

上記3つのテンプレートを例として解説していきます。

リファイン(Pro、SNOW2)のアクセス解析タグの設置場所

リファインは「analytics.php」というアクセス解析タグを設置する専用のPHPが用意されているので、めちゃくちゃ簡単です。

「テーマ編集」-「analytics.php」を開き、取得した解析タグを貼り付けるだけです。

最後に「ファイルを更新」をクリックして完了です。

2015-02-17_09h04_38

TCDテンプレート、賢威

TCDテンプレートや賢威の場合は、専用の設置場所が用意されていないため、「footer.php」の「/body」の上辺りに設置します。

最後に「ファイルを更新」をクリックして完了です。

2015-02-17_09h12_04

SINKA

SINKAの場合は、テーマオプション内に専用の場所が用意されています。

「テーマオプション」-「自由入力欄の設定」の中にある「</body>上部」という欄にアクセス解析タグを設置すればOKです。

最後に一番下の「設定を保存」をクリックしてください。

2015-02-17_09h13_16

 

以上が主なWordPressテンプレートでのアクセス解析タグの設置方法になります。

解析タグはGA以外の無料アクセス解析(i2i、忍者等)やGoogleアナリティクスでも同じ場所に設置すればOKです。

 

アクセス解析はアフィリエイトサイトを運営していく上で必須項目なので、忘れずに設置しておきましょう。

 

◆アフィリエイトで成功するためのオススメ情報商材◆

オススメ情報商材ランキング
実際に私が実践しているアフィリエイトで稼ぐための情報商材をランキング形式でご紹介します。
便利ツールランキング
アフィリエイトの実践を補助する役立つ便利ツールをランキング形式でご紹介します。

◆Facebook始めました◆

最新記事もチェック

◆SAKUの無料メルマガ購読のご案内◆

mail-magazine

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)