◆当サイト一押し教材『ルレアプラス』◆

エックスサーバーにWinSCPでSFTP接続をする方法|SSHでセキュリティ性の向上

アフィリエイターに定番のエックスサーバーですが、多くのマニュアルではFFFTP等で簡単に接続する方法が紹介されています。

ですが、普通にFFFTP等でFTP接続をするだけでは、パスワード等が丸見えの状態なのでセキュリティは非常に弱いです

大事なサイトであればセキュリティ対策も施してあげたほうが、より安全な環境にすることができます。

ここでは、日本語対応しているフリーソフト「WinSCP」を使用した接続方法をご紹介します。

特にエックスサーバーのセキュリティを高めて守りたい方は参考になると思います。

エックスサーバー側のSSH設定

まずはエックスサーバー側でSSH設定をしていきます。

1.

エックスサーバーの管理パネルから「SSH設定」をクリックします。

winscp_01

2.

現在の状態は「OFF」になっているかと思います。「ONにする」をクリックしてください。

winscp_02

状態が「ON」になっていることを確認してください。

winscp_03

3.

「公開鍵認証用鍵ペアの生成」をクリックし、パスフレーズに使用したいパスワードを入力してください。(絶対に忘れないものにしてください

入力後に「公開鍵認証用の鍵ペア生成(確認)」をクリックしてください。

winscp_04

確認画面が表示されるので、「公開鍵認証用の鍵ペア生成(確定)」をクリックしてください。

winscp_05

クリックすると作成された鍵(.key形式のファイル)が自動的にダウンロードされます。

このファイルは無くさないように取っておいてください。

エックスサーバー側の設定はこれで完了です。

WinSCPのインストール

今まで使用していたFTPソフトの代わりに使用するWinSCPをインストールします。

インストール自体は「次へ」「次へ」で完了できます。

 

まずはこちらからソフトをダウンロードをしてください。

WinSCPダウンロード

「Installation Package」をクリックするとダウンロードすることができます。

winscp_21

1.

インストールを開始すると言語選択ができるので、「日本語」を選択して、OKをクリックしてください。

winscp_20

2.

セットアップウィザードが開始されます。「次へ」をクリックしてください。

winscp_22

3.

使用許諾契約書の同意では「同意する」にチェックを入れて、「次へ」をクリックしてください。

winscp_23

4.

インストールの完了です。「完了」をクリックしてください。

winscp_24

WinSCPの設定方法

ここからWinSCPの設定を実施していきます。

1.

WinSCPを起動するとログイン画面が表示されます。左下の「ツール」から「PuTTYgenを実行」をクリックしてください。

winscp_06

2.

この機能を使ってエックスサーバーで作成した「.keyファイル」をWinSCPで解釈できる「.ppk形式のファイル」に変換します。

「Load」をクリックしてください。

winscp_07-2

3.

エックスサーバー側で作成した「.keyファイル」を選択してください。

右下の項目を「All Files」にすると表示されるかと思います。

winscp_07

4.

各項目に色々表示されてきます。それらは触らずに「Save Private Key」をクリックしてください。ここで作成される「.ppk形式のファイル」の保存場所は固定してください

エックスサーバーに接続する度にWinSCPがファイルを確認しにいくので、保存場所をコロコロ変えたり、削除すると接続できなくなります。(バックアップも取っておきましょう

winscp_08

5.

最初のログイン画面に戻り、エックスサーバーに接続するための設定を入れていきます。

  • 転送プロトコル:SFTP
  • ホスト名:エックスサーバー接続のホスト名
  • ポート番号:10022
  • ユーザ名:エックスサーバー接続のユーザ名
  • パスワード:不要

入力後、「設定」をクリックしてください。

 

winscp_09

6.

SSH認証の設定をします。左側の「認証」をクリックしてください。右側に「秘密鍵」という項目が表示されるので「…」をクリックし、先程作成した「.ppkファイル」を指定してください。

設定後、「OK」をクリックしてください。

winscp_10

以下のような警告文が表示されたときは、「無視」をクリックしてください。

winscp_11

7.

ログイン画面に戻るので「保存」をクリックしてください。サイト名はわかりやすいものを付けて構いません。

winscp_09-1

8.

ではエックスサーバーにSFTPログインしてみましょう。作成したサイトを選択し、「ログイン」をクリックしてください。

winscp_10-1

以下のようにパスフレーズの入力が求められます。エックスサーバー側で設定したパスワードを入力し、「OK」をクリックしてください。

いちいち入力するのが面倒であれば、「このセッションのパスワードを記憶する」にチェックを付けておけば手間は省けます。セキュリティ的にはあまり望ましくないですが、そこは自己責任でお願いします。

winscp_12

9.

左右にフォルダが表示され、右下の方に「鍵マーク」、「SFTP」と表示されていれば完了となります。

winscp_11-1

ここまでうまくいっていれば、あなたのエックスサーバーへの接続はセキュリティ性の高いSFTPで保護されることになります。

大切なサーバーへのアクセスはこのように暗号化して保護しておくのが望ましいでしょう。

乗っ取られたり、改ざんされてからでは遅いですからね。

今回ご紹介した方法で簡単にできるので、参考にしてもらえたら幸いです。

 

◆アフィリエイトで成功するためのオススメ情報商材◆

オススメ情報商材ランキング
実際に私が実践しているアフィリエイトで稼ぐための情報商材をランキング形式でご紹介します。
便利ツールランキング
アフィリエイトの実践を補助する役立つ便利ツールをランキング形式でご紹介します。

◆Facebook始めました◆

最新記事もチェック

◆SAKUの無料メルマガ購読のご案内◆

mail-magazine

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)