◆当サイト一押し教材『ルレアプラス』◆

悩み系アフィリエイトは薬事法に注意すべし|違反するとどうなる?

物販アフィリエイトで俗に言う、「悩み系」ジャンルは継続して稼ぐためには

狙い目のジャンルですが、悩み系商品を扱う場合の注意があります。

意外と知らずにやってしまっている方が多いので、どのような表現はアウトなのかを

認識した上で実践していきましょう。

薬事法とは?

悩み系の商品とは主に化粧品やスキンケア商品、ダイエットサプリメント、健康食品に

エチケットサプリメントなどが当てはまります。

 

薬事法についてですが、法律系の資料を読んだことがあればわかると思いますが、

この手の資料は難しい表現でずらずらと書いてあってわかりにくいんですね。

隅々まで把握するのは非常に大変なのもありますが。。。

 

 

で、

結局、何がNGなのかというと、簡単に言うと

効果・効能を謳う」のはNGなんです。

 

例えば、

これを使ったら治りました!」

これを塗ったら美白になりました!」

これを使うことであなたの症状は治りますよ!」

こんな表現はNGです。

薬事法に抵触してしまうんです。

 

商品の販売ページをよーく見るとわかりますが、

どこにも「治る」という表現は使用されていません。

 

「購入者の声」が掲載されている販売ページでも

個人の感想であり、効果を保障するものではありません

といった注釈がしっかり書いてありますね。

 

 

ASPの商品情報のところにもアフィリエイター向けに

薬事法に抵触する表現はしないようお願いします。

と記載されていますね。

 

なんでこんなルールがあるのかというと、多くの悩み系商品というのは

医薬品ではなく、医薬部外品だからなんです。

医薬品とは

  • 日本薬局方に収められているもの
  • 人や動物の治療や予防等に使われる目的のもの
  • 厚生労働大臣の承認を得ているもの

を指します。

医薬品以外は「治る」のような「効果・効能」を謳うことは禁じられています。

 

商品を売りたいがために薬事法を無視してアピールすることは

販売者の望むところではないということです。

 

違反するとどうなる?

この薬事法という法律の中では「何人も」という表現が記載されています。

つまり我々アフィリエイターにも適用されるため、他人事ではありません。

 

「販売ページへ誘導してるだけだし」

「直接売ったわけじゃないし」

 

なんて、言い逃れもできないこともあるかもしれません。

アフィリエイターの誇大広告で商品を購入した人がその商品によって

実害を被ることがあれば、訴えられて裁判沙汰に・・・

なんて可能性もゼロではないわけです。

 

薬事法を無視したような紹介をしていて、目立つようになると嫌でも人目に

付きますので、ASPから直接指導が入ったり、提携解除や報酬取り消しのような

厳しい措置が考えられます。

 

直接的な事例はまだ無いようですが、最近のアフィリエイト業界拡大に伴って、

こういった問題は増えていくでしょう。

薬事法はアフィリエイターとして、守るべき法律です。

無視しないようにサイトを作成していきましょうね。

 

薬事法に違反しない表現方法についてはこちらの記事でまとめています。

⇒ もう薬事法も怖くない!アフィリエイトで薬事法に違反しない表現方法とは?

 

◆アフィリエイトで成功するためのオススメ情報商材◆

オススメ情報商材ランキング
実際に私が実践しているアフィリエイトで稼ぐための情報商材をランキング形式でご紹介します。
便利ツールランキング
アフィリエイトの実践を補助する役立つ便利ツールをランキング形式でご紹介します。

◆Facebook始めました◆

最新記事もチェック

◆SAKUの無料メルマガ購読のご案内◆

mail-magazine

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)