◆当サイト一押し教材『ルレアプラス』◆

訪問者の役に立つ面白い記事を書くコツ

    記事はブログを作っていくうえで大半を占める作業となり、超重要な部分でもあります。

    ここをしっかりやらないブログは絶対に稼げないと思ってください。

    長期的な稼ぎを目的とするパワーブログ

    長期的な構想で作成しているパワーブログであれば、記事をドンドン書いて

    ブログのコンテンツを充実させていきます。

    記事タイトルにもキーワードを入れたり、客観的に見て読みたくなるような

    タイトルを付けてみましょう。

     

    最初は手探りでいいんです。

    まずは記事を書くことを始めましょう。

     

    最初のうちはネタが無かったり、何をどう書いていいのか…。と

    悩むこともあります。

     

    よく考えてみると、あなたの紹介したい商品についての

    記事やそれを補完する情報などネタは案外見つかるものです。

     

    例えば『映画のDVD-BOX』のブログだとしたら、

     

    • DVD-BOXの長所や限定特典を記事にしたり
    • 映画本編の内容に触れてみたり
    • 再生する機械(DVDデッキやBlu-rayデッキ)側を取り上げてみたり
    • 音響に注目してホームシアターやスピーカーを取り上げてみたり

     

    などと、目線を変えてみると色んな切り口が見つかると思います。

    一時的に稼ぐためのブログならひたすら商品を紹介するのもいいですが、

    長い目で見るなら全体的な構想をイメージしながら記事を書いてみると

    いいですね。

     

    何回も書いている内に不思議と慣れてきている「あなた」がいるはずです

     

    そこまでいけば、後は記事の内容を昇華してあげる段階に進みましょう。

    他のアフィリエイターさんに読んでもらって感想をもらったり、

    家族に読んでもらったりすると、

     

     

    「全然つまらない」

     

     

    とバッサリ言われることもあるでしょう。

    私は奥さんに読んでもらったことがありますが、

    一刀両断されました^^;

    zasetsu

     

     

     

     

    そこで第3者の意見を取り入れることで、ブログ記事が

    どんどん昇華されていきます。

     

    kaidan

     

     

     

     

    そういうことの積み重ねが「訪問者に読まれるブログ」へと

    ステップアップしていきます。

    短期的な物販アフィリエイトでの記事

    無料ブログなどで短期的な報酬を得るのが目的のブログだとしても、

    パワーブログを作る場合と考え方は変わりません。

     

    しっかりと記事タイトルや記事本文にキーワードを取り入れつつ、

    記事を作成しましょう。

     

    無料ブログで物販アフィリエイトをやる場合の注意事項としては、

    商品の販売ページに書いてある内容のコピペだけは止めてください

     

    スパム判定を受けると検索順位が大きく落ちることもありますし、

    最悪アカウント削除なんてこともあります。

    作成するブログに訪れる訪問者の役に立つ内容を考えましょう。

     

    例えば、売れ筋商品の最安値の情報やお得な情報を

    記事としていくのであれば、

     

    「他のショップでは定価だがここなら15%OFFでした」

    「ここで予約すると限定品が付いてくるみたいです」

     

    のような、訪問者が読んで役立つ内容を記事にしていきましょう。

     

    <<<ブログにアフィリエイトリンクを貼る

     

      ◆アフィリエイトで成功するためのオススメ情報商材◆

      オススメ情報商材ランキング
      実際に私が実践しているアフィリエイトで稼ぐための情報商材をランキング形式でご紹介します。
      便利ツールランキング
      アフィリエイトの実践を補助する役立つ便利ツールをランキング形式でご紹介します。

      ◆Facebook始めました◆

      最新記事もチェック

      ◆SAKUの無料メルマガ購読のご案内◆

      mail-magazine

      コメントを残す

      日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)