◆当サイト一押し教材『ルレアプラス』◆

amazonアソシエイトの申請が通らないときに確認しておくべきポイント

    最近amazonアソシエイトの申請が通らない!という人が多いようです。

    アフィリエイターが次々と申請してる影響かもしれないし、ここ最近のamazonの規約の厳しさからハードルがしっかりしてきたのかもしれません。

    とは言ってもamazonで買い物をする人って多いので、積極的に使っていきたいASPですよね。

    amazonアソシエイト申請のポイントをまとめたので、参考にしてみてください。

     

    amazonアソシエイト申請の正しい手順

    まずはamazonアソシエイト申請の正しい手順を解説しておきます。

    amazonアソシエイトの「新規アカウント登録」の画面からメールアドレスを入力して

    「初めて利用します」にチェックを入れ、「サインイン」をクリック。

    pic0292

    次に名前とメールアドレスをまた入力し、パスワードを決めてから「アカウントを作成する」をクリック。
    pic0291

    次に名前や住所などのアカウント情報を入力していきましょう。

    pic0296

    最後にWEBサイト情報を入力していく。ここではブログのジャンル等を入力していけばOK。

    アフィリエイトリンクを使用するURLは10個まで登録できるけど、これは後から追加で

    登録することも可能。

    1アカウントにつき、10サイトまで登録可能となっています。

    pic0297

    また、ここで登録するURLのブログには、アフィリエイトリンクは無い方が望ましいです。

    URLに

    • 「amazon」
    • 「kindle」

    などのamazonで商標登録されている文字は使わないようにしてください。

    こういう文字が含まれたURLで登録してしまうと、

     

    「ブログを削除しろ!」

    「直すまで使わせない!」

    「直さないならアカウントを削除します!」

     

    みたいに怒られます。(体験談)

    だったら最初から登録させなければいいんですがね・・・。

     

    amazonアソシエイト申請に通らなかったら?

    申請が通らなかった場合は、まずは以下のポイントを確認してください。

    • アダルト要素が無いか。
    • 暴力的表現が無いか。
    • 差別的(人種、国籍、障害、宗教)な要素が無いか。
    • 誹謗中傷な表現が無いか。
    • 違法行為を助長するような表現が無いか。

    これにマッチするブログを運営してる人って中々いないと思うけど、

    普通のブログならまず引っかからないハズです。

     

    次に確認するポイントとしては、

    新規のアカウントで申請していないか?

    おそらく多くのアカウント申請がきまくったために厳しめになっているのだと思うけど、

    全くの新規アカウント申請だと問答無用でNGになるケースが多発しています。

    そこで、

    amazonで買い物をしたことがあるのならば、そのアカウントで申請してみましょう。

    または、使いたいアカウントで何でもいいので買い物をしてみる

     

    これだけで「承認されちゃった!」ということがよくあるようです。

    買い物したことあるアカウントだからOK!」ってのもなんだかなーって感じだけど。

     

    amazonは規約違反していると「このサイトが違反している!」って教えてくれるのに

    申請に落ちたときはいくら聞いてもテンプレ回答なので、ハマるといつまでも申請が通らない

    スパイラルに陥ります。

     

    申請を突破してアフィリエイトにバンバン活用していきましょう。

     

      ◆アフィリエイトで成功するためのオススメ情報商材◆

      オススメ情報商材ランキング
      実際に私が実践しているアフィリエイトで稼ぐための情報商材をランキング形式でご紹介します。
      便利ツールランキング
      アフィリエイトの実践を補助する役立つ便利ツールをランキング形式でご紹介します。

      ◆Facebook始めました◆

      最新記事もチェック

      ◆SAKUの無料メルマガ購読のご案内◆

      mail-magazine

      コメントを残す

      日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)