プライベート

倉木麻衣ライブツアー2013「Re:」の感想【鳥肌が立ってしまった】

倉木麻衣のライブツアー2013「Re:」の札幌公演が

8月3日にあったので、奥さんと行ってきました^^

実はデビュー当時から大ファンで当然ファンクラブにも

入会しています。

 

今回でライブに行くのは7回目。

独身時代には友達とカウントダウンライブにも行ったこともあります^^

 

倉木麻衣って来年にはデビュー15周年を迎えるんだけど、

最近だと知名度はそこまで高くないみたいですね^^;

(名探偵コナンの主題歌になったりしてるんですけどね)

 

デビュー当時は誰でも知っているぐらい売れていたけど、

今では

「まだいるの?」

なんて言う人もいるのでちょっと寂しかったり。

 

 

東日本大震災後には精力的にボランティア活動をしていたり、

人との話し方もしっかりしていて好感が持てます^^

素人目線だけど歌もすごく上手いと思います。

 

今回の会場は札幌教育文化会館なので、人数は1000人ぐらいは

きてたと思います。

 

ライブ会場ではいつも通りタオルとペンライトを購入。

奥さんには以前のライブのタオルを使ってもらってます^^

DSC_0059

 

今回のライブツアー「Re:」というのは「Restart(再始動)」や「Retry(再挑戦)」という

意味が込められているそうで、昔のアルバムの曲や普段のライブツアーでは

歌わないような曲も多くてとても昔からのファンとしては堪りませんでした^^

 

「Secret of My Heart」や「Stay by my side」に「Love day after tomorrow」などの

超メジャー曲はしっかり歌ってくれましたよ^^

 

 

ライブ中盤で倉木さんがとある曲を歌っていたのですが、聴いていて

「あれ?この曲しらないぞ!!」

 

という曲が。

でも、曲を聴いていてサビの部分では倉木さんの歌声で思わず

「ぞわっ」

と、鳥肌が立ってしまいました・・

強い気持ちが込められているというか、魂がこもっているというか・・・^^;

 

歌を聴いていてこんな風になったのは久しぶりでした。

 

ライブ後半ではアップテンポの曲のオンパレードで超ノリノリ^^

テンション上げまくっていたら、汗だくになってしまいました。

 

 

超楽しかったライブもあっという間に終わってしまい、

帰宅後はますます、

「あの曲」が気になって気になってしまい、インターネットで探していました。

(歌詞の一部を覚えていたので、簡単に見つけることができました)

 

それが

「さくら さくら…」

という曲であることが判明。

どうやら「TryAgain」というシングルのカップリングということが判明。

最近はアルバムしか購入してなかったので、気づかないわけです。

 

曲のテーマは「東日本大震災で亡くなった方たちへのレクイエム」ではないか?

という見解が多いようです。

たしかに改めて聴きなおして見ると切ないような悲しい気持ちも伝わってくる

感じがします。

 

今回でより一層、倉木麻衣さんのファンになってしまいました。

このように歌声で人を惹きつけられるのは素晴らしいですね

今後もずっと応援し続けますよ!^^

 

関連記事

  1. 32歳の誕生日プレゼントは欲しかったアレ

  2. SAKUのプロフィール【アフィリエイトを始めた理由】

  3. ネットワークの認定資格「Cisco TSHOOT」を合格【記事更新の重…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

最強のWordPressテンプレート「賢威」

wordpress-keni

WordPressのSEO対策が気になるならWordPressテンプレートの最高峰「賢威」で間違いありません。

SAKU限定特典&レビュー

究極のサイト作成ツール「シリウス」

sirius

サイトアフィリエイトをより効率的に効果的に進めるサイト作成ツールならシリウス一択です。サイトアフィリエイトの神器みたいなものですよ!

SAKU限定特典&レビュー

アフィリエイトのバイブル「LUREA plus」

LUREA-plus

本気で稼ぐために必要なノウハウがギュッと詰め込まれた、全てのアフィリエイターのバイブルとなる教材です。 アフィリエイトの基礎からしっかりと取り組めます。 再現性も抜群です!

SAKU限定特典&レビュー

LUREA Plus関連記事
PAGE TOP